妊娠線予防クリーム おすすめ

MENU

妊娠線ケアならクリームとオイルどっち?

妊娠線ケアをするものはクリーム、オイル、ローションの3つがあり
ます。作り方や油分の量によって名称が変わります。一般的によく
使用されるのはクリームとオイルです。この二つを比較していきたい
と思います。

 

クリーム

一番よく販売されているタイプ。水分と油分の両方を補うことができ
ます。塗りやすく使いやすいものです。塗り心地がサラッとしている
タイプはローションに近いので保湿効果が低いようです。ハードタイプ
のものはオイルに近いため保湿効果は高いのですが、肌にべたつきが
残ります。

 

オイル

一番保湿効果が高いタイプ。しかし水分がないので塗るときにはお風呂
上がりに塗るといいでしょう。最初塗った時はべたべたした感触が残り
ます。そのため好みが分かれるタイプでもあります。オイル独特の匂い
があるため、妊娠初期はつわりがあることもあって苦手な方もいるよう
です。

 

好みもあるので一概には言えませんが妊娠腺ケアはオイルが一番効果が
高いといわれています。ホホバオイル、マカデミアナッツオイル、ココ
ナッツオイルの3種類が効果的です。

 

ホホバオイル

浸透性、保湿力に優れています。皮膚の保護や炎症を抑える効果があり
ます。ビタミンEを豊富に含んでいて酸化しにくくボディケアによく使わ
れます。

 

マカデミアナッツオイル

人間の皮脂に似ている成分パルミトレイン酸を含み、浸透が高いオイル。
酸化しにくいので長期保存が可能です。

 

ココナッツオイル

脂肪酸を含んでいて紫外線対策効果や皮膚を柔らかくする効果があります。
さらっとした感触が特徴でつけ心地がいいものです。

 

これらのキャリアオイルのみでなく、アロマオイルを加えるときは注意点
があります。アロマオイルの中には妊娠中に使わない方がいいものもある
からです。肌への刺激が強かったり、ホルモンバランスが崩れることが
ありますので不安であればアロマオイルの使用は控えた方がよさそうです。

妊娠線を未然に防ぐなら妊娠線予防クリームがおすすめ!

妊娠をすると、異常なペースでお腹が膨れ上がるため肉割れを起こしてしまい、それを一般的に妊娠線と呼んでいます。
妊娠線を予防しようという広告などをマタニティ雑誌でお見かけする方も多いのではないでしょうか。
実はこの妊娠線は産後もずっと消えず、できてしまったものは永遠に消すことができないやっかいな線なのです。
そのため、妊娠線を絶対に作りたくないという方は、妊娠線を未然に予防するために妊娠線マッサージをしてケアを行うことが必要となってきます。
マッサージを行うにあたってクリームを活用するのですが、これをよくある市販のボディクリームで代用するという方も多いのですが、これでは妊娠線の防ぎようはありません。
妊娠線予防には専用の妊娠線予防クリームを使用し、しっかりと保湿をしてあげることが大切なのです。
朝と夜にたっぷりとクリーム手に取って、円を描くようにしっかり塗り込む形でマッサージしていきます。
因みに、妊娠線ができてしまってから予防クリームを塗りこんでも効果は少ないです。
できる前に実践すべきです。
妊娠線予防いつから始めれば良いか悩んでいる方は、おなかが急激に膨れ始める妊娠中期に入ってから使用し始めることをお勧めします。

 

更新履歴