妊娠線ができたら直ぐに保湿ケア!

MENU

妊娠線ができたら直ぐに保湿ケア!

妊娠線ショックによって、お子さんと海やプールに行った時に水着が着られない、銭湯に行くのに気後れしてしまって困ったという人もいらっしゃいます。
妊婦さんが悩む妊娠線には早期からのケアが必要ですが、既にもう妊娠線ができたらどうすればよいのでしょうか。
妊娠線前兆は、妊娠4カ月ほどから徐々にお腹がはっきりと大きくなり始め、皮膚が伸びてきます。
さらに、6カ月辺りは急激にお腹が大きくなり、急に皮膚が引っ張られ耐えきれなくなるため、そこで亀裂が生じてしまうのです。
なるべく早いうちから、保湿クリームを塗ってケアをするのが一番です。
もし既に出来てしまった場合でも、諦めずに妊娠線用のクリームを塗りましょう。
妊娠線は乾燥によって悪化してしまうので、何よりも保湿が大切です。
妊娠線ケア用の保湿クリームは今たくさん売られています。
無香料のものなどもあるので、つわりで匂いに敏感になってしまった方でも安心して使用する事ができます。
また、妊婦さんだけでなく成長期のお子さんや、急激に太ってしまったという方にも、この妊娠線が出てしまうことがあります。
急激な体重の増加が無いよう、普段からの運動や、食生活の管理などに気を付けることも大切です。