双子を妊娠したら妊娠線ケアは特に念入りに!

MENU

双子を妊娠したら妊娠線ケアは特に念入りに!

妊娠をすると、最初のうちは普通の女性の体型とほぼ変わりがありませんが、お腹の赤ちゃんが成長をするのと同時に徐々に大きくお腹が膨らんできます。出産間際になると、痩せている女性であってもかなりのお腹のボリュームになりますが、この時に気をつけたいのが妊娠線を作らないということです。双子の妊娠が発覚した女性は特に、妊娠線ケアに努めるようにしないと、後悔する結果に陥ります。

 

妊娠線は、急なお腹の大きさの変化に皮膚が対応できず、真皮層が避けてしまう状態をいいます。母子ともに健康への悪影響はありませんが、美容的な観点からすると、できるだけ避けたいと願う女性が多いのが現状です。

 

妊娠線の原因はお腹が急に大きくなるから?

お腹が急激に大きくせり出すことが原因ですので、双子となると通常の1人の妊娠に比べて、妊娠線を作り出すリスクが非常に高まります。
この線を完全に作らない手段は存在しませんが、予防することによって作らないようにできる確率を高めたり、できたとしても、痕を目立たせなくしたり、薄くすることが可能です。
何人妊娠したとしても、妊婦であればお腹が大きくなる前に、できるだけ妊娠線を作らないケアに徹底的に取り組んでみましょう。

 

妊娠線予防には保湿ケアが大切

妊娠線の予防には、保湿ケアが有効です。保湿をするなら、クリームタイプのものが、保湿力が高くおすすめです。普通のクリームでも構いませんが、妊娠線予防専用のクリームを使うと、保湿効果が高まったり、使い心地がよいというメリットがあります。クリームの他、オイルタイプの製品も存在します。

 

これらは治療薬ではなく、あくまでも予防を目的とした製品です。妊娠線ができてしまった後から使うよりも、お腹が大きくなる前から念入りに使い続けることで、その効果が高まります。保湿によって皮膚に潤いが保たれると、お腹が大きくなってきた時に皮膚が柔軟に伸びるようになり、痕として残る線ができにくい状態を維持しやすくなります。
保湿ケアはさぼらずに、毎日続けることが大切です。特に乾燥肌の人は危険ですので、欠かさず保湿ケアをしましょう。
また、お腹が急激に大きくなる状態を作らないことも重要です。妊娠をすると食欲が増すため、短期間で太ってしまうことがあります。太ると妊娠中の大きなお腹の上に、さらに脂肪が蓄えられるため、より大きなお腹にせり出してしまいます。食事に気を使い、急激な体重変化を予防しつつ、同時にクリームやオイルでケアすることで、妊娠線をできるだけ作らない状態へと導くことができます。