経産婦の方が妊娠線ができやすい?

MENU

経産婦の方が妊娠線ができやすい?

妊娠してとても幸せな気持ちになっている妊婦さんは、日々大きくなっていくお腹がとてもうれしくて、すくすくと大きく育ってほしいと思うものですが、大きくなっていくお腹にひび割れができて、今にも張り裂けそうになっているのを見ると、悲しい気持ちになってしまうことがあります。妊娠線は、誰にもできるというイメージがありますが、妊娠しても妊娠線ができないという人もいるのでうらやましい限りです。おなかが大きくなっても妊娠線ができないのは、若い初めての妊娠、という人が多いようで、肌に伸縮性があると、大きくなっていくお腹に肌がしなやかに伸びるため、きれいな肌のまま出産を迎えることができるようです。初産の場合には、おなかが大きくなりにくいということも関係しているようです。
一方経産婦の場合、前の妊娠のときに、一度お腹が大きくなっているので、おなかが大きくなるスピードが速く、縮んだ肌が、おなかが大きくなるスピードに追い付きにくく、また、最初のときよりもお腹が大きくなる人が多いので、最初のときよりも、皮膚が引っ張られてしまうので、ひび割れができてしまうということが良く起こります。急速に、前よりもお腹が大きくなる傾向があるため、2回目以降の妊娠の方がひびわれやすくなってしまうというわけです。加えて、年齢が上がっていることも影響していると言われています。歳をとると、肌が老化して、乾燥しやすくなったり、肌自身の回復力が低下してしまったりしているので、ひび割れができやすく、回復もしにくいので、ひび割れがひどくなったり、目立ったりしやすいということのようです。
妊娠線を作らないためには、肌をしっかりと保湿して、伸縮性を高めることがとても大切です。乾燥した肌は簡単にひびわれてしまいますが、しっとりとして柔軟性が高い肌なら、おなかのふくらみに合わせて、肌自身が回復しながら少しずつ伸びていくことができるので、妊娠線を作らないまま、出産の時期を迎えることができる可能性が高まります。また、できてしまった妊娠線がある人にも、ひび割れの増大を防いだり、これ以上作らないために保湿が大変重要と言われています。おなかが急に大きくなるので、防ぐことができない場合もありますが、たくさんの妊娠線を作らないように、また、できてしまった妊娠線が伸びたり、割れ目が大きくなったことを防いだりすることはできるので、毎日、専用のクリームやオイルを塗って保湿を心がけることがおすすめです。