危険!妊娠線予防に特に注意しないと・・・

MENU

危険!妊娠線予防に特に注意しないと・・・

妊娠期間中はやがて生まれてくる赤ちゃんを待ちながらあれこれ準備をする幸せな時期ですが、出産に備えて妊婦の体にはさまざまな変化が起こります。まず、妊娠初期の頃に人によっては匂いにとても敏感になり、強い吐き気などの不快な症状に悩まされるつわりを経験する人がいます。つわりの症状は人によってその現れ方に差があり、ほとんど気にならないうちに過ぎてしまったという人もいれば、つわりの期間は水さえ飲むことができず体が衰弱してしまうという人もいます。

 

そんなつわりの症状も多くの妊婦は妊娠中期を過ぎる頃には大体納まるのですが、中には出産直前まで嘔吐などの症状を繰り返す人もいます。妊娠後期にはいると体調も安定してきて食欲も出てくるようになります。それまであまり目立たなかったお腹も急激に胎児が成長する時期にはいると日に日に大きくなってきます。大きくなってくるお腹の成長に皮下組織がついていくことができずに皮膚の下で割れてしまう状態が妊娠線となって現れます。妊娠線が現れる時期やその出方は人によって大きな違いがあり、何人も子供を出産したけれど一度も出来たことがないという人もいれば、出産直前になってとつぜん出来てしまったり、2人目の出産に初めて妊娠線ができてしまったという人もいます。

 

妊娠線は一度出来てしまうと傷跡のように生涯にわたって消えることがありません。そのため妊娠線を作らないための適切なケアをすることがおすすめです。作らないための最も効果的なケアとしては妊娠線予防のためのクリームを使ってマッサージをしながら肌を保湿することです。肌が敏感になりがちな妊婦が安心して使うことのできる成分によって妊娠線を作らないためのケア専用のクリームです。肌を保湿し、マッサージによって肌の血行をよくすることが妊娠線を作らないためには最も重要です。毎朝パジャマから服に着替えるときや入浴の後など、服を着替えるタイミングで毎日専用のクリームを使ってマッサージすることを習慣にしてしまえば、いつも肌が保湿された状態が保たれ、皮膚が柔らかく伸びやすいように保つことができます。

 

また、妊娠線予防のためには体重を増やしすぎないことも大切です。つわりが治まって食欲が出始めても、必要以上にカロリーをとりすぎると、肥満に繋がって出産の際に妊婦の体に負担をかけることにも繋がります。クリームなどを適切に使用してケアすることと体重を増やしすぎないことは妊娠線を予防する上でとても大切なポイントです。