妊娠線 原因

MENU

まずは妊娠線の原因を知ろう!

妊娠線は皮膚組織が断裂してシワや筋が出来てしまい、それが線のように見えることで女性の悩みとなっています。
妊娠線は個人差もあり、妊娠線出来やすい人と出来にくい人に分かれます。
妊娠線の原因にはいくつか存在しますが、まず一番の原因が急激に太ってしまうことです。
太ってしまうと、皮膚の表皮は急激に伸びることが出来ますが、その下にある真皮や弾性線維などが急激な伸びに耐えることが出来ません。
そのため、真皮や弾性線維が裂けてしまい、それで赤褐色のシワや筋が出来てしまうのです。
他には皮膚の乾燥があります。
妊娠中はホルモンバランスが崩れるため水分代謝も悪くなり、ちょうど乾いた土がひび割れを起こすような妊娠線が出来やすくなる訳です。
また、体が締まって筋肉が付いている人も、体が引き締まっていることで皮膚が伸びにくい状態となるため、妊娠線が出来やすいです。
なお妊娠線を薄くする方法も存在し、少し気をつけるだけで実践ができます。
その方法は保湿ケアです。
肌の乾燥が起こると妊娠線が出来やすくなるため保湿ケアは重要です。
専用のクリームやオイル、美容液などを塗ることで解決できます。
それのみではなく、出産前は暴飲暴食して太りやすいため、体重コントロールも併せて行うことも大切です。