妊娠線予防 効果

MENU

妊娠線はできてしまったら時間がたっても消えません!

マタニティ雑誌をみていると、しばしば目にするのがスキンケアに関する記事です。お腹はもちろん、お尻や太もも、胸などが急激に大ききなるためにお肌をケアしてあげましょう、というのが基本的な内容なのですが、どうしてそんなにスキンケアをお勧めしているのでしょうか?
その基本的な理由としては、急激に大きくなるために妊娠線ができやすいという事実があげられます。妊娠線とはお臍から下にむかって皮膚に一本の黒ずんだ線がはいってしまうというのが一般的なものですが、これは一度できてしまったら、決して消えることはありません。このため、いかに効果的に妊娠線予防するのかということが後々の自分のためになってくるのです。妊娠中は体調管理で大変かもしれませんが、クリームなどを効果的に使用して、後々自分が後悔しないようにケアしましょう。

 

妊娠線予防のためには、まずはできる理由を把握しましょう!

妊娠するとお腹と胸が急激に大きくなってくるのは、誰でも想像できることでしょう。そしてその大きくなったお腹と胸を支え、バランスをとるために太ももやお尻周りにも脂肪がつき始めます。妊娠線予防のためにはこういった箇所すべてのケアが効果的です。

 

妊娠線は急激に肌がふくらむために、皮膚の上層部の細胞分裂が間に合わず、裂けたかのような状態になってしまうことからできてしまいます。さらにお肌が乾燥してしまうとより一層悪化傾向にむかってしまいますから、まずは柔軟性のあるお肌のために保湿ケアやマッサージをしてあげることが大切になってきます。

 

そのためにはクリーム類を使って毎日ケアしてあげることが後々の効果につながってきます。早い人では妊娠初期からクリーム類を使ってケアしています。出産直前まで妊娠線予防ケアを継続しましょう。

妊娠線予防はクリームを使ってボディケア気分で楽しみましょう!

継続して行いたい妊娠線予防ですが「やらなくてはいけない」と考えているとなかなか継続しにくいかもしれません。
妊娠期間中は心も体もいつもとは違った状態になってしまうものです。だからこそ、自分自身のリラックスのためと考えて妊娠線予防に取り組むと良いのではないでしょうか。

 

欠かさずに行いたいのは、入浴後にクリームを使ってケアする方法です。下腹部や胸の周り、またお尻や太ももといった部分を特に意識しながらクリームを塗っていきましょう。この時に強くこすりつけるのではなく、優しく円を描くようにマッサージします。体重増加によって、ふくらはぎなどにも疲れがでやすいですから、同じようにケアすると疲労回復効果も期待できます。

 

妊娠線予防のためだけでなく、自分自身のリラックスをもたらすことによって妊娠中の心身がぐっと楽になりますし、よりよい効果が期待できます。