妊娠中にかゆみが出てきたら妊娠線前兆!?

MENU

妊娠中にかゆみが出てきたら妊娠線前兆!?

妊娠すると女性の体は大きく変化します。
出産に向けてお腹は大きくなるのは、だんだんと母になる喜びでもあります。
しかし、お腹が大きくなる妊娠4カ月ごろから肌にかゆみが出てきます。
かゆみが出てくるところはお腹、お尻、胸、太ももなどです。
このかゆみが出てきたら妊娠線前兆です。
早めにスキンケアをしないと後悔することになります。
妊娠線はどうしてできるのでしょうか。
妊娠線は、皮膚の引っ張りに真皮や皮膚組織がついていけず、肉離れを起こす状態です。
表面にある表皮はある程度の引っ張りに対応できるのですが、真皮や皮膚組織は柔軟に欠けるため断裂を起こしてしますのです。
妊娠線は真皮や皮膚組織が断裂した状態なので、できてしまうと完全に元に戻すのは難しいです。
妊娠線痒いというのも辛いもので、痒いのが続くとストレスもたまります。
このような症状が出てきたらスキンケアをする時期です。
妊娠線痕を消すのは大変ですので、早めのスキンケアが重要になるのです。
妊娠線を予防する方法として保湿ケアをすることが大切です。
皮膚に水分を補給し、それを閉じ込めるように油膜で覆うことができるクリームを使います。
クリームはローションやオイルと違い、水分補給をし油膜で覆うことができるからです。

妊娠線ができ始める痒みが感じられたら保湿ケアを心がけましょう。